リスニングを強化する単純な方法

リスニングができないということは、英語のリズムを体得していないということです。リーディングもある程度までは、文法規則を頼りに理屈で文意を解いていくことができます。しかし、それだけでは限界があって、言語のリズムを体得するということはどこかでやらなければなりません。人によっては知らぬ間に会得しているようだが、私はその境地には至っておらず、リーディングと比較するとリスニングが弱い。そのため、リスニングを鍛えることで全体的に英語力が底上げされることを期待し、集中的にリスニングの訓練を行っているところです。

リスニングを強化するには、身も蓋もない話だが、英語を沢山聞くしかないと思っています。ある程度の分量の英語を集中して聞くことを、ある程度の期間・ある程度の頻度で繰り返せばリスニング力を得る――という仮説を持っています。つまり、

リスニング力 = 期間 x 頻度 x 分量 x 集中

ということです。ここでポイントとなるのは集中して聞くことでしょう。聞き取ろうとしなければ、聞き取れるようにはならない。私は聞き流しには否定的で、聞く力のない人が耳を傾けずに英語を聞いても言語として認識しない。洋楽を聞いても音にしか聞こないでしょう? 言っていることを理解しようと能動的にリスニングをしなければ、英語は英語に聞こえず、聞き取れるようには決してならないと考えます。

リスニング教材は、好きなものを選べばいいと思うが、純粋に言語だけのものが良いでしょう。映画は会話以外の部分が多いので、英語の密度が低い。好きな映画でも何度も見たら展開などに飽きてしまう。言っていることが全部分かるようになる前に飽きてしまったら、おそらく効果が薄い。言っていることが分かる状態で、何度も聞いて耳を慣らすのがいいと思われます。

日本では TOEIC は英語力を測定するのに非常によいベンチマークであり、TOEIC のリスニングの点数を上げることをターゲットとして学習するのであれば、やはり TOEIC のリスニング試験の問題が最も良い教材であろう。点数として数値化された方が学習の意欲を保つことができます。また、TOEIC の問題は、易しくてきれいな英語であるし、問題を解くことで一定時間強制的に聞くことに集中させられる。何度も同じ問題を解いたら内容を覚えてしまうが、そのときは音声の速度を上げて負荷を高めることもできる。

そこで、公式問題集2冊のリスニング問題4セットと韓国で出版されているリスニングの問題集の5セット、合計9セットをローテーションで毎日解くということをやっています。おそらく2ヶ月ほど続ければ、リスニングで満点に近い点数が取れるようになると予想しています。これは平易な英語であればほぼ完全に聞き取れる状態です。相手が何を言っているか分からないことによって、寂しい思いをすることはなくなるのではないかと期待してしています。

要するに努力しないとどうにもならないということ。